岐阜県可児市の眼科、日帰り白内障手術は西可児眼科クリニックへ 緑内障治療、コンタクトレンズ処方

〒509-0266岐阜県可児市帷子新町2-72   0574-65-9888
白内障の種類・原因・治療
日帰り白内障手術と合併症
日帰り手術の流れ・費用
後発白内障レーザー手術
乱視用眼内レンズ白内障手術
緑内障
網膜裂孔(れっこう)
糖尿病性網膜症
眼底出血(網膜静脈閉塞症)
中心漿液性脈絡膜症
ドライアイ 高血圧網膜症 黄斑変性症 飛蚊症など
お子様の仮性近視 近視 乱視 遠視 斜視 弱視
老眼の矯正 眼鏡処方 コンタクトレンズの処方
アレルギー性疾患 目のかゆみ 充血 流涙
ぶどう膜炎 眼瞼下垂 眼瞼内反症など

診療時間

 

休診日

 水曜日・日曜日・祝日

手術予定と実績


アクセス・交通略図


糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症とは

近年、食生活の変化や内科診断の進歩にともなう糖尿病患者数の増加と、糖尿病治療の進歩による糖尿病罹患期間の長期化により、その合併症である糖尿病網膜症の頻度もいちじるしく増加しています。糖尿病に10年以上罹患すると、その約50パーセントに網膜症がみられ、20年以上では、約80パーセントに網膜症が合併するとされています。
そのため最近では、糖尿病網膜症は、中途失明原因の第1位となっています。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症の経過は、一般に慢性で、初期にはほとんど自覚症状はなく、内科医からの眼底検査の依頼によって発見されることがほとんどです。しかし、初期でも、出血やそれにともなう浮腫が眼底の中心部である黄斑に生じたり、網膜症が進行して網膜の大量出血、硝子体出血、あるいは増殖性変化がおこると、はっきりと視力障害を訴えます。

糖尿病網膜症の検査と診断

糖尿病網膜症は、糖尿病の病歴とその特異な眼底病変から診断可能です。腕の静脈から蛍光色素を注射して行なう蛍光眼底撮影によって、網膜の血管透過性、血管閉塞、無血管野および新生血管などの検討を行ない、網膜症の病態を把握し、眼科的治療方針を決定します。
硝子体出血や増殖性変化のある場合には、超音波断層検査によりその程度を検査し、網膜の機能をみるために、網膜電位検査なども行ないます。

糖尿病網膜症のレーザー治療

網膜症の治療の基本は、内科的な血糖のコントロールです。しかし、網膜症がある程度進行すると、血糖のコントロールがうまくいっても、網膜症は進行するので、網膜症の病型に応じた眼科的な治療が必要になります。
単純網膜症では、内科的な血糖コントロール、食事療法、止血薬や血管強化薬剤などの保存的治療により、網膜症の進行を抑制することが可能です。また、単純網膜症でも増殖網膜症に進行しそうなものには、レーザー光凝固が行なわれます。
増殖網膜症では、保存的治療はほとんど無効で、レーザー光凝固、網膜冷凍凝固、硝子体手術が行なわれます。レーザー光凝固は、初期の増殖網膜症に対して行ないます。アルゴン、クリプトンなどのレーザー光を使用します。黄斑部を除いた網膜全体に行なう汎網膜光凝固と、新生血管のある部分の網膜のみに行なう局所網膜光凝固とがあります。
現在、レーザー治療は、網膜症に対するもっとも有効な治療方法です。
レーザー治療は麻酔の目薬をしたあとにレーザー用のコンタクトレンズをつけて行います。多少の痛みを伴う場合がありますが、10分から15分程で1回の治療は終わります。網膜全体に行う場合は症状に応じて、日を空けて通常数回程度に分けて行います。 また必要に応じてレーザーを追加する場合があります。レーザー直後は暗く感じて見えにくくなることがありますが、普通は15分程で戻ってきます。当日は特に安静の必要はなく日常生活に制限はありません。
しかし、レーザー光凝固も万能ではなく、光凝固を行なっても、網膜症は進行する場合があります。
硝子体出血や白内障などで眼底がみえず、レーザー光凝固が行なえない場合には、網膜冷凍凝固が行なわれます。硝子体出血や増殖性変化が強い場合には、出血や増殖物を除去する目的で硝子体手術が行なわれます。
視機能の面からみると、網膜冷凍凝固や硝子体手術を行なっても、視機能の回復はよくありません。術後再出血したり、網膜剥離が進行したり、緑内障を合併したりすることがあるなど、困難な問題もあります。
したがって、糖尿病網膜症の治療は、適切な時期に、レーザー光凝固を行なうことが大切です。
また、ルセンティスかアイリーは糖尿病黄斑浮腫(DiabeticMacularEdema:DME)によって視力が低下している患者さんの眼の硝子体内に注射すると、血管内皮増殖因子(VEGF)が阻害され、血液成分の漏出を抑制して黄斑浮腫が軽減される結果、視力低下が改善します。
費 用
 汎網膜光凝固 1割
約16,500円
2割
約33,000円
3割
約49,500円
 局所網膜光凝固 1割
約11,000円
2割
約22,000円
3割
約33,000円

費 用
 ルセンティスかアイリーア
 硝子腔内注射の費用
1割
約18,500円
2割
約37,000円
3割
約55,500円

【高額医療費について】
高齢者の自己負担の上限は、従来の医療機関毎ではなく、患者毎(複数医療機関合算)の上限となります。超過分は、各患者様からの申請により償還されます。
高齢者(70歳以上)
窓口負担 自己負担上限
(外来)
現役並み所得者
3割 57,600円/月
一般
1割・2割 14,000円/月
非課税世帯
※限度額適用認定証の提示が必要
1割・2割 8,000円/月


糖尿病網膜症の注意点

糖尿病と診断されたならば、内科的な血糖のコントロールが第一ですが、目に自覚症状がなくても、眼底検査を受け、現在の網膜症の程度を知る必要があります。その結果により、眼科医の指示にしたがい、定期的に眼底検査を受け、網膜症が増悪するような場合、レーザー光凝固を行ない、レーザー治療の時期を失しないようにすることが大切です。

HOME診療方針施設紹介検査機器交通案内よくあるご質問連携医療機関白内障の種類・原因・治療
日帰りの白内障手術とは日帰り手術の流れ・費用後発白内障レーザー手術乱視用眼内レンズ白内障手術
緑内障網膜裂孔糖尿病性網膜症眼底出血(網膜静脈閉塞症)中心漿液性脈絡膜症
ドライアイ高血圧網膜症黄斑変性症飛蚊症などお子様の仮性近視、近視、乱視、遠視、斜視、弱視
老眼の矯正眼鏡処方コンタクトレンズの処方アレルギー性疾患、目のかゆみ、充血、流涙
ぶどう膜炎眼瞼下垂眼瞼内反症など医療機能情報サイトマップリンク集
produced by FARO Copyright© 西可児眼科クリニック All Rights Reserved.