岐阜県可児市の眼科、日帰り白内障手術は西可児眼科クリニックへ 緑内障治療、コンタクトレンズ処方

〒509-0266岐阜県可児市帷子新町2-72   0574-65-9888
白内障の種類・原因・治療
日帰り白内障手術と合併症
日帰り手術の流れ・費用
後発白内障レーザー手術
乱視用眼内レンズ白内障手術
緑内障
網膜裂孔(れっこう)
糖尿病性網膜症
眼底出血(網膜静脈閉塞症)
中心漿液性脈絡膜症
ドライアイ 高血圧網膜症 黄斑変性症 飛蚊症など
お子様の仮性近視 近視 乱視 遠視 斜視 弱視
老眼の矯正 眼鏡処方 コンタクトレンズの処方
アレルギー性疾患 目のかゆみ 充血 流涙
ぶどう膜炎 眼瞼下垂 眼瞼内反症など

診療時間

 

休診日

 水曜日・日曜日・祝日

手術予定と実績


アクセス・交通略図


黄斑変性症

黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、高齢者に発症する病気で、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。加齢黄斑変性は一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、社会の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。比較的最近まで治療法がなかったのですが、最近いくつかの治療法が新たに開発されて、早く見つければある程度の視力が維持できるようになってきました。

黄斑変性症の原因

脈絡膜新生血管を伴う増殖膜が広がって、黄斑部の出血や浮腫が原因で黄斑部が破壊されていく滲出型と、黄斑部が徐々に枯れるように薄くなっていく萎縮型の2つのタイプがあり、日本では前者のほうが圧倒的に多くみられます。

黄斑変性症の症状

網膜の中央の黄斑部が障害されるために、視野の中心部分が暗く見えにくくなる中心暗点が主な症状です。これに伴い、視力低下や変視症(物がゆがんで見える)などの訴えもよくみられます。ただし、片眼だけの場合は、反対側の眼で見ていて、症状に気づかないこともあります。両眼が同時に障害されることは通常はありませんが、片眼が見えなくなった後に、数カ月あるいは数年経過して他眼も発症して見えなくなると、車の運転免許の更新はできなくなり、さらに食事など日常生活にも差しさわるようになります。

黄斑変性症の検査と診断

滲出型加齢黄斑変性症では眼底検査をすると、黄斑部に網膜下出血がみられ、漿液性網膜剥離や網膜色素上皮剥離と呼ばれるむくみがみられます。螢光眼底造影検査を行うと、脈絡膜新生血管が広がっているさまがよく捉えられます。またOCT検査(光干渉断層計)という網膜の断面をみる検査では、網膜の深い層が盛り上がっていたり、むくんでいたりするさまが観察できます。中心視野検査(ハンフリー検査など)を行うと、様々な大きさや程度の中心暗点がわかります。
萎縮型の加齢黄斑変性症は、螢光眼底造影検査で網膜色素上皮の萎縮が地図状に広がっているのがみられますが、新生血管はなく、螢光が漏れてくるような所見はありません。

黄斑変性症の治療

残念ながら萎縮型の加齢黄斑変性症には現在のところ治療方法はありません。
滲出型の加齢黄斑変性症にはいくつかの治療法があります。治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、視力が正常になることはほとんどありません。
光線力学的療法は光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力の専用のレーザーを病変に照射する治療法です。治療を行う前に造影検査を行い、脈絡膜新生血管をはじめとする病変を確認して、病変の大きさに合わせてレーザーの照射範囲を決定します。治療48時間は強い光に当たることに注意する必要があります。光線力学的療法は必ずしも一度で終了するとは限りません。3か月ごとに造影検査を含めた詳しい検査を行い再治療を行うかどうかを決めます。

加齢黄斑変性症のルセンティスかアイリーア硝子体腔内注射
滲出型の加齢黄斑変性に対する薬物治療では、重篤な視力低下の一因である脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(VEGF)が大きく関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法があります。現在認可されているVEGF阻害薬にはルセンティスかアイリーアという薬があり、目の中(硝子体腔)に注射します。ルセンティスは、米国ジェネンテック社が遺伝子組換え技術により創製し、アイリーアは、独バイエルヘルスケア社と米リジェネロンファーマシューティカル社が共同で開発した新規の眼科用VEGF 阻害剤です。視力改善効果が認められた加齢黄斑変性症治療薬です。網膜などにおいてVEGFと複合体を形成してVEGF作用を抑制し、脈絡膜新生血管の発生ならびに進展を抑制します。ルセンティスかアイリーアは導入期として月1回、連続3ヵ月間硝子体内投与し、その後の維持期では症状に応じて投与の間隔を適宜調節することが可能です。

費 用
 ルセンティスかアイリーア
 硝子腔内注射の費用
1割
約18,500円
2割
約37,000円
3割
約55,500円

【高額医療費について】
高齢者の自己負担の上限は、従来の医療機関毎ではなく、患者毎(複数医療機関合算)の上限となります。超過分は、各患者様からの申請により償還されます。
高齢者(70歳以上) 負担 自己負担額
<高所得者>
夫婦世帯で年収520万円以上
単身世帯で年収383万円以上
3割
44,400円/月
<一般>
1割
12,000円/月
<住民税非課税者>
1割
8,000円/月


黄斑変性症の注意点

喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。喫煙している人には禁煙が勧められます。ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。加齢黄斑変性の発症が少なくなりますが、完全に抑えることはできません。加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事の方がよいようです。

HOME診療方針施設紹介検査機器交通案内よくあるご質問連携医療機関白内障の種類・原因・治療
日帰りの白内障手術とは日帰り手術の流れ・費用後発白内障レーザー手術乱視用眼内レンズ白内障手術
緑内障網膜裂孔糖尿病性網膜症眼底出血(網膜静脈閉塞症)中心漿液性脈絡膜症
ドライアイ高血圧網膜症黄斑変性症飛蚊症などお子様の仮性近視、近視、乱視、遠視、斜視、弱視
老眼の矯正眼鏡処方コンタクトレンズの処方アレルギー性疾患、目のかゆみ、充血、流涙
ぶどう膜炎眼瞼下垂眼瞼内反症など医療機能情報サイトマップリンク集
produced by FARO Copyright© 西可児眼科クリニック All Rights Reserved.